資料請求・お問い合わせ

イベント・セミナー予約

ショールーム

page top

断熱リフォーム

愛着のある住まいが、さらに快適に。断熱リフォームで安心な暮らし

三菱地所のリフォームでは、図面や目視による窓や断熱材の仕様をチェックすることで、
建物の状況に合わせた最適なリフォームをプランニングします。

「三菱地所のリフォーム」が考える断熱リフォームとは?

「三菱地所のリフォーム」が考える断熱リフォームは、1邸ずつ家全体をゼロから考え直すオーダーメイドです。住まいの断熱性を高めるために、天井・壁・玄関や窓などの閉口部および1階の床下までもチェックし、冷暖房の効率アップ、快適性やヒートショックの予防、結露の改善など、単なる断熱性の向上だけでなく家をトータルに考えたリフォームを提案します。

熱は高いところから、低いところに移動します

「冬にエアコンをつけても、なかなか部屋が暖まらない」「真夏はエアコンをパワフルにしても、涼しくならない」といったことはありませんか?
その原因は窓、壁、床、天井の断熱性の低さです。その中でも窓は熱の出入りが大きいので、冷暖房の効率を良くするための重要ポイント。
とくに空間が大きく、窓も大きなリビングは、断熱性を高めることでもっと快適になります。

冬は、窓・壁・床・屋根から、熱がどんどん逃げていきます

冬は、建物から逃げていく熱の約半分が窓から出て行きます。真空ガラスの室内側を特殊な金属膜でコーティングした断熱タイプの窓に変えたり、現在の窓の内側に、もう1枚「インナーサッシ」を設置するだけで、家の断熱性は大きく向上します。さらに、外壁や床下、屋根の断熱性もトータルに高めれば、家全体が快適になります。

夏は、窓から入る熱が73%も!壁や屋根からも熱が侵入します

驚かれるかもしれませんが、夏は、建物へ入る熱の約7割は窓からの侵入。真空ガラスの室外側を特殊な金属膜でコーティングした遮熱タイプの窓がおすすめです。採光性を保ちながら、太陽の日射熱を大幅にカットできます。もちろん、外壁や屋根も重要なポイント。家全体で遮熱を考えるのが大切です。

  • 上図の数値は、建物に出入りする熱を100としたときのパーセンテージです。
    出典:(社)日本建材・住宅設備産業協会

「三菱地所のリフォーム」なら、建物の状況に合わせて最適なご提案をいたします

天井断熱

壁断熱

ガラス断熱

全館空調

玄関ドア断熱

窓断熱

1階床下断熱

POINT01天井断熱

天井に敷きこまれたロックウール

ロックウールの敷き込み

天井に断熱材を敷設します。天井に断熱材を施工することによって、小屋裏と室内の熱の移動を低減します。夏は屋根からの熱の侵入を防ぎ、室内の温度上昇を抑えることで、冷房の効きが良くなります。冬季は室内から熱が逃げるのを防ぎ、暖房の効率を高めます。

POINT02壁断熱

  • ロックウールを壁に充填

    ロックウールは、細い繊維の隙間に暖かい空気をためて高い断熱性を実現する素材です。防音性もあるので、屋外から聞こえてくる騒音も低減。耐水性・耐久性も高く、住まいを長持ちさせる効果もあります。冷暖房の効率を高めて、光熱費の削減にも効果を発揮します。

    壁に充填されたロックウール
  • 内張り断熱

    内張り断熱工法は、既存室内壁に断熱材一体の石こうボードを張ることにより、効率の良い断熱施工が可能です。

    既存の壁を壊すことなく、上から断熱ボードを貼るので簡単に施工できます。

POINT03ガラス断熱

真空ガラスは2枚のガラスの間にある真空層が、1枚ガラスの約4倍の断熱性を実現します。

ガラス部分を真空ガラスに交換

いまお使いのサッシのガラス部分を、断熱性の高い真空ガラスに交換することができます。真空ガラスとは2枚のガラスの間に、熱を通しにくい真空層を設けたガラスのこと。1枚ガラスの約4倍の断熱性を持っています。断熱性や防音性に優れているだけでなく、冬や梅雨どきの結露を抑え、いつもクリアな視界を実現します。

  • -23度以下になるまで結露を抑えることができます。

POINT04全館空調

たった1台の室内機で全館快適

窓・壁・床・天井の断熱性を高めれば、冷暖房に使うエネルギーもわずかで済みます。そこでお薦めするのが、全館空調をたった1台の室内機で行える「エアロテック」です。24時間365日、家中すみずみまできれいで快適温度の空気に包まれ、夏の熱帯夜や冬のヒートショックといった心配から解放される暮らしを実現します。

  • たった1台の室内機で全館空調
  • 部屋ごとの温度調整が可能
  • 部屋にはコントローラーと吹出口だけ
  • カビやダニの発生を抑制
  • 家全体をまるごと空調するから、家中くまなく快適温度
  • 冷暖房のエネルギーを再利用するエコな全熱交換型換気システム

POINT05玄関ドア断熱

既存のドア枠を生かすカバー工法

カバー工法断熱玄関ドアに交換

住まいの開口部の断熱で忘れられがちなのが玄関ドア。カバー工法なら、既存のドア枠を残して、その上から新しい断熱玄関ドアを取り付けられます。簡単な工事なので1日で終了し、壁や床などを傷める心配もありません。玄関まわりが暖かくなり、快適な住まいになります。

POINT06窓断熱

窓の内側にインナーサッシを設置

現在の窓はそのままにして、内側にインナーサッシを取り付けることで断熱性を高めます。冬の断熱、夏の遮熱効果が高いだけでなく、結露を抑えることも可能。防音効果にも優れています。施工が簡単なので、短時間で工事が完了します。

POINT071階床下断熱

床に敷きこんだポリスチレンフォーム

ポリスチレンフォームを床に敷きこみ

ポリスチレンフォームは軽く、柔軟性があり、長持ちする素材です。また、ほとんど水分を吸収しないため、建物劣化の原因となる過剰な湿気をシャットアウト。高温多湿な日本の気候風土に適した断熱素材です。

「三菱地所のリフォーム」では快適なお住まいのための断熱チェックを行っています

お住まいの暑さ寒さの問題を抱えていても、熱は目に見えないため、なかなか原因がつかみにくいものです。
「三菱地所のリフォーム」ではお客さまが快適に暮らしていただくために断熱チェックを行っています。暑さや寒さ、湿気の問題を解決して、もっと快適に暮らせるリフォームプランをご提案します。

  • STEP01
    日々のお困りごとの確認

    生活されている中で、暑さや寒さ、湿気の問題など、日ごろ気になっている点をお聞かせください。

  • STEP02
    断熱仕様の確認

    担当者がお住まいの断熱仕様を確認させていただきます。窓や断熱材の仕様などを図面や目視で確認いたします。

  • STEP03
    断熱リフォームプランお見積りを作成

    断熱仕様の確認に基づき、断熱リフォームの方法・工事範囲をご提案します。断熱の問題を解決するだけでなく、より快適に暮らしていただくためのリフォームプランをご提案します。

断熱リフォームに合わせて、全館空調システム「エアロテック」を
採用いただくと、さらに快適なお住まいが実現します。

「エアロテック」とは、三菱地所ホームのオリジナル全館空調システムです。

→ 詳しくはこちら

リフォームメニュー一覧を見る

お問い合わせ窓口

  • ショールームに関するお問い合わせ
  • イベントリフォームセミナーに関するお問い合わせ
  • ご相談・資料請求・その他お問い合わせ

page top